dairy

2019年1月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きたら、たいとがランニングから帰ってきた。

そして、Canal Stに盆栽屋があるというので、そこに行ったが見つからなかった。

そのあとグラフィティを撮りながら、American Two Shotsというセレクトショップで父親に頼まれていたスーベニアを買った。

キーホルダーごときで$15して萎えた。

ちなみにキーホルダーの文字はたいとがVIBESがいいんじゃないということでVIBESになった。

そのあと、たいとが夏にアイアンマンレースというとんでもない距離のトライアスロンに申し込んでいて、そのために自転車が必要だというので、New Museum近くの自転車屋まで自転車を見に行った。

最初に見せてもらったトライアスロン用の自転車は$700かと思ったら、僕の聞き間違いで$7000だったらしい。

トライアスロン用のバイクはかなり前傾姿勢で乗るように作られていて、スピードも出るので坂道などには向いてないので、初心者は街乗りのロードバイクから始める人もいるとショップ店員はいう。

結局、ロードバイクも$900と完全に頭がおかしい高さなので、やめた。

そのあと、腹が減ったので、East Villegeまで歩き、日本食レストランに入った。外から見たら高そうで入りづらかったけど、いざ入ってみたら、ランチメニューがあって、$15で味噌汁、ご飯、すき焼き、寿司とかなりの量が食べられて大満足。

そして、完全にヒマこいたので、美術館でも行くかということになり、METの近くのちっちゃい美術館に行こうとしたけど、月曜日は休みでしまっていた。

結局、グッゲンハイムに行った。($18課金)

Af Klintという神秘的な抽象画をおばさんの絵をみた。(詳しくはこちら)

他にもR.H Quaytmanという人もいた。その人はPS1で働いた後にアーティストとして活動を始めたっぽい。

チャプターを更新するスタイルで作品を作っており、現在は34チャンプターでそれがグッゲンハイムに展示されている。

グッゲンハイムには2回目だったが、かなり解像度が上がった。

アートの新しい鑑賞法として、アーティストがその絵をどこから描き始めたのか、どういう気持ちで描いたのかを想像するというのが案外面白かった。

その後帰って、コマツ食堂の飯を食った。今日は佃煮パスタだった。めちゃくちゃうまくて、やっぱりニューヨークで一番うまいかもしれん。

そして、その後、新サイト構築に着手した。

新サイトのTwitterをつくりたいのだが、前澤さんの1億円企画のせいでかわからないが、新規でTwitterアカウントが作れないので、困っている。

Youtubeを鑑賞したが、集中力が続かなかったので寝た午前3時。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気の記事

コメントを残す

*